外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の耐用年数は10年が目安とも言われています。

もちろん塗料によっても異なってくるもので、長い場合には20年のものもあります。

家を建ててから年数が過ぎ外観が汚れてきて、塗装について検討を勧めている方もいることでしょう。

外壁が汚く見えてしまうと立地の良い豪華な物件でも安く見えてしまいます。

せっかく建てた家なのに、外壁が汚れていて景観が悪くては意味がありません。

最近の主流はシリコン樹脂塗料になっています。

費用もさほど高くは無く、どのような建物の構造にも使えるものになっています。

見た目がおかしいと感じているのでしたら、早めに塗料の塗り直しの検討を進めるほうが賢明です。

塗装には雨漏りや害虫の侵入を防ぐ効果もある

外壁は、景観を保つだけでは無く、雨漏りを防いだり、害虫の侵入を防ぐ意味合いもあります。

雨漏りが発生しては、当然室内に湿気が溢れてしまいますし、カビ等の発生の原因にもなってくるものです。

室内にカビが発生すると、喘息やアトピーの原因にもなって来ます。

また、害虫の侵入を許すと、ダニやシロアリが家の中に入ってくる可能性もありえます。

立地条件や環境によって左右もされますが、自分なりに外観が悪くなったと感じ始めたら再塗装の検討を進めていきましょう。

塗装の劣化はひび割れやめくれの原因になる

汚れた外壁をそのまま放置していると、そのうちひび割れやめくれが発生してきたりもするものです。

外壁にひび割れ等が発生してきてしまうと、地震などの災害が発生した場合に、思わぬ事故を引き起こす可能性もあるものです。

費用面については心配しないでも、リフォームローンも使用できますから、まずは自分の住むエリアの最寄りの業者へ見積もりを依頼することから始めましょう。

外気や熱気から常に家を守ってくれる外壁はとても重要なものです。

たとえ見た目がそれほど悪く無くても、年月が過ぎると防水性の低下耐震性の低下が見られるようになってくるものです。

建ててからある程度の年数が過ぎましたら、一度リフォーム業者にチェックを依頼してみたほうが良いでしょう。

外壁の腐食が進んでいくと、そのうち家が傾く恐れも十分にありえます。

ひび割れ等の症状が発生してからでは、外壁塗装をするだけでは無く、外壁そのものを建て直す必要が出てくるかもしれません。

早めに外壁の補修を行えば、家が傾くことも、雨漏りや害虫の侵入に悩むことも無く、安心して暮らすことが可能になってくるものです。

早めに外壁の補修を心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る