戸建の外壁塗装、費用目安はどのくらい?

戸建の外壁塗装、費用目安はどのくらい?

一戸建ての場合は自主管理が必要

一戸建て住宅に住んでいる方ならば、住宅の全ての場所において自主管理することが必要です。

自主管理が必要な箇所の中でも、住宅の耐久性を左右させる外壁などは非常に重要です。

一戸建て住宅の外壁に関しては全てが単独で作られているので、住宅の所有者は常にチェックを行い適切に管理を行うことが推奨されています。

外壁のメンテナンスについて

外壁のメンテナンスに関しては、一般的には外壁塗装を行う方法があります。

モルタルの外壁や塗り壁、サイディングの外壁でも必要になる場合が多く、新築住宅の場合であっても10年が過ぎているような住宅では、必ず点検を行った上で必要に応じて工事を依頼することが必要です。

戸建ての外壁塗装を行う際の費用ですが、初めて施工する方の場合は費用の目安などを把握しにくい傾向にあります。

例えば訪問販売などで家に来る営業スタッフなどの話しを聞く方法もありますが、中には悪質な業者がいるのも事実なので、簡単に業者を決めることは避けることが賢明です。

費用の目安については、建坪や外壁の面積によって違いがあり、小さな住宅の場合では比較的安く済ませることができ、逆に大きな住宅の場合では高い費用が必要です。

使う塗料で金額が変わる

一般的な規模の住宅で比較をするならば、用いる塗料の種類でも大きく差が出ることになります。

例えばウレタン塗料で施工を行う場合では、約50万円から60万円程度で済ませられるケースがあり、シリコン塗料やフッ素塗料などを利用する場合では、60万円から80万円程度になる場合もあります。

高機能塗料として光触媒や遮熱塗料などを用いる場合では100万円を超えるケースも出てきます。

その他の料金

施工に関しては用いる塗料の他に、下地調整にかかる経費、足場を設置する経費など、省くことができない経費が存在しているので、専門業者と十分な話し合いを行って決めることが大切です。

専門業者によって大きな価格差が生じていることも事実ですので、複数の専門業者に見積りを依頼してみることもおすすめです。

一般的にはウレタン塗料やシリコン塗料、フッ素塗料などが人気の塗料で、60万から80万程度が費用の目安となってきます。

外壁の場合では何度も施工することに無駄な経費を費やしてしまう可能性もあるので、できるだけ品質の高い塗料を選ぶことも必要なことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る