外壁塗装の種類と耐久性

外壁塗装の種類と耐久性

耐久性と価格は比例する

外壁塗装に使用される塗料の種類は色々ありますが、結論から言えば塗料の耐久性と価格は正比例します。

せっかく足場を組んで大掛かりな改修工事をするのですから後悔のない塗料を選びましょう。

塗料について

アクリル塗装  - アクリル系合成樹脂を主成分とする

安価な塗装材料ですが耐久性が低く、最近は外壁塗装に使われることは少ないです。

耐用年数は5~7年程度。

新築住宅で取り敢えず超ローコストに建てたい、改修だが10年後はおそらく住まないだろう、などという事情のときは使う場合もあります。

ウレタン塗装 - ウレタン樹脂を主成分とする

塗膜が柔らかく、密着性に優れており施工しやすい塗料ですが、湿度が高いと使えない場合もあります。

耐用年数は7~10年程度。かつては塗料の主流でした。

シリコン塗装  - アクリルシリコン樹脂を主成分とする

ウレタン、アクリルと比べて耐久性が高く、低汚染性に優れています。

但し木部の塗装は向いていません。

耐用年数は10~12年程度。

現在の外壁塗装のスタンダードで、多くの塗装業者がこれを勧めてくるでしょうが、グレードの高いものから低いものまであるので注意が必要です。

フッ素塗装  - フッ化塩化エチレンを主成分とする

最も耐久性があり、低汚染性(親水性→雨水で汚れを洗い落とす)、防カビ性などが他の塗料よりも優れています。

耐用年数は15~20年程度。

近年は大手メーカーにより、更に進化したタイプのフッ素樹脂塗料も出ています。

しかしフッ素塗料は価格が高く施工の手間もかかる為、見積をしてもなかなか施工に至らない事もあります。

また技術の無い施工業者が不適切な工事をすると、せっかくの製品の性能が十分に発揮できない事もあります。

価格の比較

コストは、アクリル塗装<ウレタン塗装<シリコン塗装<フッ素塗装となります。

価格が高いからいいという訳ではなく、その家その家にふさわしい材料を選ぶことが大切です。

何度目かの塗り替えで、あと10年もすれば家族の事情で空き家になるだろうという場合、20年持つ塗料を選んでも無駄遣いになってしまいます。

また、外壁の種類により相応しくない塗料もあるので専門家のアドバイスを受けましょう。

まとめ

業者がオリジナルの塗料を勧めてくる場合は注意が必要です。

そういうものは低品質である恐れがあり、数年で消えてしまう商品もあるのでお勧めしません。

日本の大手メーカーの塗料から選んだ方が無難です。

面倒に思わず、ご自分でメーカーに電話をして資料を送ってもらい調べましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る