外壁塗装価格の相場、建坪30坪のサイディングだとどのくらい?

外壁塗装価格の相場、建坪30坪のサイディングだとどのくらい?

10年程度で外壁塗装が必要になる

外壁塗装が必要なタイミングは様々ですが、例えば白化現象が起きてしまい手に白い粉が付着してしまっている状態や、目視点検を行った際に塗膜が著しく劣化を起こしてしまっている場合、既にシーリング部分などが劣化を起こしていて、水漏れなどが発生している場合などには施工が必要となります。

現在では住宅事情として外壁にはサイディングを用いている住宅が非常に多く、中にはモルタルの壁に重ね張り工法としてサイディングを施工している住宅まで数多く存在しています。

この住宅資材に関しては長期的に住宅を守ることができ、非常に耐久性に優れている資材、ひび割れなどが起こってしまうことが無い資材、断熱性能に優れている資材として用いられますが、多くの資材で約10年程度が経過してしまった際には、表面に塗られている塗料が劣化を起こしてしまうことも珍しいことではなく、後に外壁塗装を行うことが必要とされてしまいます。

工事にかかる費用

外壁塗装の価格の相場として、建坪30坪のサイディングの場合では費用がいくらかかるのかをみてみましょう。

建坪30坪程度というと、標準的な住宅もしくは少し狭い住宅といったところになりますので、大きな価格になってしまうことが少ない物件として考えることができます。

施工に関しては、住宅周りに足場を組んでから作業を行うため、外壁が傷んでしまっている場合ではその修復費などもかかります。

この点に関しては経費を削減することが難しい部分といえます。

塗料毎の価格相場

次に塗料によって価格が大きく変わることが一般的な施工内容です。

建坪30坪の相場に関しては、アクリル塗料を用いた場合では約40万円程度で済ませることができ、ウレタン塗料の場合では約60万円程度になります。

シリコン塗料の場合では75万円から85万円程度になり、フッ素塗料の場合では80万円から100万円の範囲になることが多い傾向にあります。

従って、用いる塗料によって相場というものは大きく変動してしまうことになるので、建坪30坪程度の住宅であっても簡単に判断することができない場合もあります。

しかし一般的なサイディングとして金属製や窯業製のタイプの場合では、下地調整を行う費用が少なくて済む可能性が非常に高いので、モルタルの外壁と比較した場合は余計な工賃がかかってしまうことが少ないものと判断できます。

非常に塗りやすい外壁材でもあるので、一定の相場を把握しながら交渉を行ってみることが良い方法です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

▲ページトップに戻る